ウェブ解析士のNow Hereな日々

福岡市在住のウェブ解析士です。日々の気付きや思いを書いています。

【伝え方が9割】

f:id:masakey-h:20170525225342j:plain

佐々木圭一著「伝え方が9割」をやっと読むことができた。

友達から「すごくいい」と紹介してもらって、ずっと気になっていた1冊。

読み終わった感想は、「とてもよかった!」

たくさんの学びがあった。

「伝え方」は誰もが必要とするスキルであり、きちんと学べるスキルでもあることが明確になる内容だった。

 

今回はこの本からの学び、伝え方のスキルを整理してみようと思う。

 

人生は、小さいものから大きいものまで、伝え方で変わる

コトバの力だけで突破する

最も深く刺さった2つのメッセージ。

 

人生は伝え方で変わる。

そして、その伝え方は学べるものであり、トレーニング次第でどれだけでも向上させることができる。

 

ものやお金でつるのではなく、コトバの力だけで相手の気持ちを変化させることが相手にとっても自分にとっても最善である。

 

 

では、どうやって具体的に伝え方を磨いていくのか。

早速みてみよう!

 

「ノー」を「イエス」に変える技術

 

まずは「ノー」を「イエス」に変える3ステップ。

 

①自分の頭の中をそのままコトバにしない

 

②相手の頭の中を想像する

お願いに相手がどう考えるか、ふだん相手は何を考えているか、相手の頭の中を想像する

 

③相手のメリットと一致するお願いをつくる

大切なのは相手の文脈でつくること。

お願いを相手に「イエス」となるものにする。

結果的にあなたの求ていることが達成できればよい。

「驚くほど旨いパスタの店があるんだけど、行かない?」

 

思いついたことをそのまますぐに言うのではなく、

できる限り相手の視点になって、

相手にとってメリットとなる内容にしよう。

 

「イエス」に変える7つの切り口

 

「イエス」と言ってもらえる可能性を高めるための7つの視点。

 

①相手の好きなこと

「できたてをご用意いたします。4分ほどお待ちいただけますか?」

「後方のお客様、お時間がかかってしまうので、ごゆっくりお支度ください。」

 

②嫌いなこと回避

「こちら嫌いでしょ、だからやらない選択をしましょう。」

「芝生に入ると、農薬の臭いがつきます。」

 

③選択の自由

2つ以上の相手の好きなことを並べることで、相手が前向きに選べるようにする。

自信があっても複数案出すことがよいとのこと。

「A案とB案がありますが、どちらが良いですか?」

人は決断が得意ではないが、2つ選択肢があるときの比較が得意。

比較自体は決断ではないが、「こちらが良い」と言ってしまうと決断したように錯覚するため、そこを活かす方法。

 

④認められたい欲

「君の企画書が刺さるんだよ。お願いできない?」

認めているコトバから始まっていることで、めんどくさいこともやってみようとする気持ちが生まれる。

気にしているよと認められたい欲を満たしてあげる。

 

⑤あなた限定

「他の人が来なくても、斎藤さんだけは来て欲しいんです。」

 

⑥チームワーク化

「一緒に勉強しよう」

お願いを相手任せにするのではなく、一緒にやりましょうとあなたと相手をチームワーク化する。人はひとりだったらしないことをするようになる。

ただ、この場合は自分も動くことが前提となる。

 

⑦感謝

「いつもありがとうございます。領収書お願いできますか?」

 

強いコトバをつくる5つの技術

強いコトバとは、「心を動かすエネルギーのあるコトバ」と筆者は定義している。

具体的にはコトバに高低差をつくることで強いコトバを作り出している。

その5つの方法が紹介されている。

 

①サプライズ法

驚きワードを作る:

語尾に「!」

「びっくり、〜」「そうだ、〜」「ほら、〜」「実は、〜」「すごい、〜」「信じられない、〜」「あ、〜」

 ❶伝えたいコトバを決める

 ❷適したサプライズワードを入れる

 

②ギャップ法

スタート地点を下げ、言いたい意味にギャップをつくる。

 ❶最も伝えたいコトバを決める

 ❷伝えたいコトバの正反対のワードを考え、前半に入れる

 ❸前半と後半がつながるよう、自由にコトバを埋める

 

③赤裸々法

コトバに体温を感じさせ、ときに詩人のようなニュアンスを作り出すことのできる方法。

自分の肌感覚に素直になる方法。ありのままコトバにする。

 ❶最も伝えたいコトバを決める

 ❷自分のカラダの反応を赤裸々にコトバにする:普段口にしないたぐいのコトバであること

 ❸赤裸々ワードを伝えたいコトバの前に入れる

 

④リピート法

相手の記憶に刷り込み、感情をのせる技術。

 ❶伝えたいコトバを決める

 ❷繰り返す

 

⑤クライマックス法

「これだけは覚えて欲しいのですが、〜(伝えたい話)」

「ここだけの話ですが、〜」

「他では話さないのですが、〜」

「誰にも言わないでくださいね、〜」

「これだけは忘れないでください、〜」

「一言だけ付け加えますと、〜」

「ワンポイント・アドバイスですが、〜」

「3つのコツがあります。1つ目は〜」

 ❶いきなり伝えたい話をしない

 ❷クライマックスワードから始める

 

伝え方は相手への愛情を表現する技術

相手のことを考えて何かを伝える時、

どれほど相手のことを深く考えることができるのか、

どれだけ相手の心に思いを馳せることができるのか。

伝えるとは、まさに相手へ愛情を表現することと等しい行為と言える。

 

族、友達、同僚、部下、上司、お客さん、初めて会う人、、、

すべての人に何かを伝える時に、どれだけ相手に対して愛情を持つことができるのか。

 

「伝え方」という切り口から、僕自身のあり方を考えさせられた1冊だった。

広告を非表示にする