ウェブ解析士のNow Hereな日々

福岡市在住のウェブ解析士です。日々の気付きや思いを書いています。

【伝え方が9割】

f:id:masakey-h:20170525225342j:plain

佐々木圭一著「伝え方が9割」をやっと読むことができた。

友達から「すごくいい」と紹介してもらって、ずっと気になっていた1冊。

読み終わった感想は、「とてもよかった!」

たくさんの学びがあった。

「伝え方」は誰もが必要とするスキルであり、きちんと学べるスキルでもあることが明確になる内容だった。

 

今回はこの本からの学び、伝え方のスキルを整理してみようと思う。

 

人生は、小さいものから大きいものまで、伝え方で変わる

コトバの力だけで突破する

最も深く刺さった2つのメッセージ。

 

人生は伝え方で変わる。

そして、その伝え方は学べるものであり、トレーニング次第でどれだけでも向上させることができる。

 

ものやお金でつるのではなく、コトバの力だけで相手の気持ちを変化させることが相手にとっても自分にとっても最善である。

 

 

では、どうやって具体的に伝え方を磨いていくのか。

早速みてみよう!

 

「ノー」を「イエス」に変える技術

 

まずは「ノー」を「イエス」に変える3ステップ。

 

①自分の頭の中をそのままコトバにしない

 

②相手の頭の中を想像する

お願いに相手がどう考えるか、ふだん相手は何を考えているか、相手の頭の中を想像する

 

③相手のメリットと一致するお願いをつくる

大切なのは相手の文脈でつくること。

お願いを相手に「イエス」となるものにする。

結果的にあなたの求ていることが達成できればよい。

「驚くほど旨いパスタの店があるんだけど、行かない?」

 

思いついたことをそのまますぐに言うのではなく、

できる限り相手の視点になって、

相手にとってメリットとなる内容にしよう。

 

「イエス」に変える7つの切り口

 

「イエス」と言ってもらえる可能性を高めるための7つの視点。

 

①相手の好きなこと

「できたてをご用意いたします。4分ほどお待ちいただけますか?」

「後方のお客様、お時間がかかってしまうので、ごゆっくりお支度ください。」

 

②嫌いなこと回避

「こちら嫌いでしょ、だからやらない選択をしましょう。」

「芝生に入ると、農薬の臭いがつきます。」

 

③選択の自由

2つ以上の相手の好きなことを並べることで、相手が前向きに選べるようにする。

自信があっても複数案出すことがよいとのこと。

「A案とB案がありますが、どちらが良いですか?」

人は決断が得意ではないが、2つ選択肢があるときの比較が得意。

比較自体は決断ではないが、「こちらが良い」と言ってしまうと決断したように錯覚するため、そこを活かす方法。

 

④認められたい欲

「君の企画書が刺さるんだよ。お願いできない?」

認めているコトバから始まっていることで、めんどくさいこともやってみようとする気持ちが生まれる。

気にしているよと認められたい欲を満たしてあげる。

 

⑤あなた限定

「他の人が来なくても、斎藤さんだけは来て欲しいんです。」

 

⑥チームワーク化

「一緒に勉強しよう」

お願いを相手任せにするのではなく、一緒にやりましょうとあなたと相手をチームワーク化する。人はひとりだったらしないことをするようになる。

ただ、この場合は自分も動くことが前提となる。

 

⑦感謝

「いつもありがとうございます。領収書お願いできますか?」

 

強いコトバをつくる5つの技術

強いコトバとは、「心を動かすエネルギーのあるコトバ」と筆者は定義している。

具体的にはコトバに高低差をつくることで強いコトバを作り出している。

その5つの方法が紹介されている。

 

①サプライズ法

驚きワードを作る:

語尾に「!」

「びっくり、〜」「そうだ、〜」「ほら、〜」「実は、〜」「すごい、〜」「信じられない、〜」「あ、〜」

 ❶伝えたいコトバを決める

 ❷適したサプライズワードを入れる

 

②ギャップ法

スタート地点を下げ、言いたい意味にギャップをつくる。

 ❶最も伝えたいコトバを決める

 ❷伝えたいコトバの正反対のワードを考え、前半に入れる

 ❸前半と後半がつながるよう、自由にコトバを埋める

 

③赤裸々法

コトバに体温を感じさせ、ときに詩人のようなニュアンスを作り出すことのできる方法。

自分の肌感覚に素直になる方法。ありのままコトバにする。

 ❶最も伝えたいコトバを決める

 ❷自分のカラダの反応を赤裸々にコトバにする:普段口にしないたぐいのコトバであること

 ❸赤裸々ワードを伝えたいコトバの前に入れる

 

④リピート法

相手の記憶に刷り込み、感情をのせる技術。

 ❶伝えたいコトバを決める

 ❷繰り返す

 

⑤クライマックス法

「これだけは覚えて欲しいのですが、〜(伝えたい話)」

「ここだけの話ですが、〜」

「他では話さないのですが、〜」

「誰にも言わないでくださいね、〜」

「これだけは忘れないでください、〜」

「一言だけ付け加えますと、〜」

「ワンポイント・アドバイスですが、〜」

「3つのコツがあります。1つ目は〜」

 ❶いきなり伝えたい話をしない

 ❷クライマックスワードから始める

 

伝え方は相手への愛情を表現する技術

相手のことを考えて何かを伝える時、

どれほど相手のことを深く考えることができるのか、

どれだけ相手の心に思いを馳せることができるのか。

伝えるとは、まさに相手へ愛情を表現することと等しい行為と言える。

 

族、友達、同僚、部下、上司、お客さん、初めて会う人、、、

すべての人に何かを伝える時に、どれだけ相手に対して愛情を持つことができるのか。

 

「伝え方」という切り口から、僕自身のあり方を考えさせられた1冊だった。

広告を非表示にする

【はじめてでもよくわかる! デジタルマーケティング集中講義】

f:id:masakey-h:20170510192605j:plain

このゴールデンウイークに押切孝雄著「はじめてでもよくわかる! デジタルマーケティング集中講義」を読みました。

マーケティングの基礎やITを取り巻く現在のトレンドについてわかりやすくまとめられていました!

 

一つ一つの細かい内容(IoTやシェアリングエコノミー、コンテンツマーケティングなど)も面白かったのですが、

「今がどういう時代なのか」

「これからどういう時代に向かっていくのか」

という大局観の説明がわかりやすかったので、今回まとめてみたいと思います。

 

デジタルマーケティングとは何か

まずマーケティングについてですが、

マーケティングとは、顧客満足度を高めた上で「売れる仕組みをつくる」こと

と本書では定義しています。

ですので、

デジタルマーケティングとは、顧客満足度を高めた上で「デジタル技術を活用して売れる仕組みをつくる」こと

 となります。

同様に、

Webマーケティングとは、顧客満足度を高めた上で「Webを活用して売れる仕組みをつくる」こと

 となります。

 

細かい定義については人によって変わってきますが、

マーケティング=売れる仕組みをつくること

というのはわかりやすいです。

 

最近ではパソコンやスマートフォンだけでなく、いろんなモノがインターネットにつながるようになりました。そのインターネットにつながったデジタル機器をも活用したマーケティングをデジタル・マーケティングと呼ぶんですね!

 

「人間」が判断を下す第4次産業革命

現在は第4次産業革命にあると押切氏は言います。

第4次産業革命では、クラウド人工知能(AI)により情報が集められ分析されます。そして、最終的な判断は人間が下します。

 

IoTやAI、ビッグデータ、スマートロボットといった最近よく聞くこれらのキーワードは第4次産業革命にあたるとのことです。

 

今が第4次産業革命ということは、当然第1次産業革命〜第3次産業革命もあります。

簡単にみてみましょう。

 

第1次産業革命

 動力が石炭による蒸気機関が中心の革命。1760年代にイギリスで始まった。

 

○第2次産業革命

 動力が石油による電気エネルギーで大量生産を可能にした革命。1870年代にアメリカを中心に始まった。

 

○第3次産業革命

 電子機器、ITなどの情報通信産業が牽引した革命。Windows95のようにインターネットにつながるパソコンが発売された。

 

「コンピュータ」が最終的な判断をする第5次産業革命

現在が第4次産業革命の時代ということは、さらにその先もあります。

押切氏によると、

第5次産業革命とは、最終的な判断も人ではなく、コンピュータができるようになることです。

 

とのことです。

 

要はAI(コンピュータ)が人間よりも賢くなり、人間より合理的な判断を下すことができるようになっていくんですね。

 

ちなみにこのことは正式にはシンギュラリティ(技術的特異点と言われています。

技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん、英語:Technological Singularity)、またはシンギュラリティ(Singularity)とは、人工知能が人間の能力を超えることで起こる出来事。


このシンギュラリティに到達すると、AIが人間の思考力を上回っているため、人間には想像できません。

AIがなぜその結論を出したのか、人間には理解できなくなってしまいます。

シンギュラリティの提唱者のレイ・カーツワイル氏によると、だいたい2045年頃に訪れると言われています。

 

先進テクノロジのハイプ・サイクル:2016年

これからの時代のテクノロジーはどうなっていくのでしょうか?

 

それをわかりやすく表した図があります。

アメリカの調査会社ガートナーが発表した「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2016年」です。

ハイプサイクルとは、主にIT関連で話題となる新技術がの認知度や期待度が、時間経過と共にどのように変化していくかを表した図のことである。調査会社ガートナーによって考案された。

 

下記がハイプ・サイクルの図です

f:id:masakey-h:20170510185320g:plain

(出典:https://www.gartner.co.jp/research/methodologies/research_hype.php

 

ハイプ・サイクルでこれからのテクノロジーを表したのが「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2016年」です。

f:id:masakey-h:20170510185316g:plain

(出典:https://www.gartner.co.jp/press/html/pr20160825-01.html

 

テクノロジーの現実感が増してくる「幻滅期」「啓蒙活動期」には拡張現実や仮想現実といった比較的馴染みのあるワードになります。

 

逆にテクノロジーが生まれたばかりの「黎明期」では、聞いたことのないワードもあります。

「黎明期」にあるテクノロジーが今後どうなっていくのか要注目です。

 

以上が、

テクノロジーからみた「今がどういう時代なのか」「これからどういう時代に向かっていくのか」のまとめになります。

技術革新のスピードはこれからますますあがっていくので、私自身も最新の情報を追っていきたいと思います。

RESAS ①

ここ最近よく聞くようになったRESAS。

 

地域経済分析システム(RESAS:リーサス)は、地方自治体の様々な取り組みを情報面から支援するために、まち・ひと・しごと創生本部事務局が提供する、産業構造や人口動態、人の流れなどの官民ビッグデータを集約し、可視化するシステムです。

*1

 

昨年10月にセミナーに参加して、その有能性は感じていたのですが、実際に使用することはありませんでした。

 

ただ最近はRESASを用いてのビジネスプランコンテストの活性化や機能が高まっているとの情報に触れたこともあり、しっかり勉強しようと思い今月より開始しました。

 

そして本日、基礎編(必須受講コース)を修了しました!

 

実際に使ってみると、かなり多くのデータが取れることがわかります。

 

例えば、

60歳代以上女性の2014年における秋田県への転入超過数が最も多い地域は次のうちどれか

2010年の島根県における農業経営者の平均年齢は次のうちどれか

・2015年8月の夜間(2-5時)において、京都府に滞在していた外国人訪問客のうち最も訪問者数が多い国籍は次のうちどれか

・2014年の福井県における土地(住宅地)の1㎡あたりの取引価格は次のうちどれか

・2015年の北海道における運搬・清掃等の職業の有効求職者数(男性)は次のうちどれか

 

などなど。

 

すごいのはこれらのデータが

誰でも、無料で、簡単に取得できること。

 

データをどう分析するか、デザインするかが大事になってきますね。

 

ひとまず今日は「こんなデータもわかるんだー」という感動報告です。

RESASについては少しずつ書いていきたいと思います。

 

f:id:masakey-h:20170415140045j:plain

*2

*1:RESAS 地域経済分析システム サイトのデスクリプションより 

*2:写真は2016年10月12日の福岡開催のセミナーにて

広告を非表示にする

いいことも悪いこともたくさん詰まった1週間

4/3〜4/9の1週間はかなり濃い日々でした。

この内容は完全に独り言です♪

 

★月曜日:お花見&母との電話

会社のメンバーでのお花見をしました。

業務を早く終え、夕方から舞鶴公園にて宴会(^^)

新入社員歓迎会をしてる会社もあり、見てるだけで癒されました。公園全体の熱量が気持ち良かったです。

その後、酔った勢いもありましたが、お母さんといつもより深い部分で電話できたことも嬉しかった。

 

★火曜日:6年ぶりにLOVEコネクターとの再開

学生時代に一度セミナーを受講したLOVEコネクターとの再会。

社会人となった今のアイデンティティで繋がり直すことができました。

少し強引ではありましたが、イベントに参加して良かったです(^o^) この繋がりを本当に大事にしたい!

 

★水曜日:夢を応援し合う仲間との時間

2月に「世界一ふざけた夢の叶え方」を読んだ4人で夢を応援し合うチームを結成しました。

「セカフザ会」という名の会で、月に1度集まり近況報告、関係性を深めています。

まだ2ヶ月ですが、それぞれが着実に歩みを加速させています。

この日のセカフザ会(第3回)は特に仲間意識がより深くなり、とても有意義な時間となりました。次会った時にいい報告ができるように、もっとがんばろ!

 

★木曜日:女性起業家とのお仕事

友人の紹介で、福岡では有名な女性起業家と一緒にお仕事をしました。

内容は資料作成だったのですが、パフォーマンスを褒められたことや関係性を深められたことが嬉しかったです。

 

★金曜日:自分のアイデンティティの見直し

普段の僕自身は

会社としてのアイデンティティなのか、一個人としてのアイデンティティなのか、を問われる出来事がありました。

しっかり見つめ直せて、話し合えて良かった。

 

★土曜日:朝活&CMO47オープンスクール

朝活は二人だけだったのですが、僕自身の成長を感じる時間となりました。

じっくり話を聞くことで、より客観的に全体をみることができ、それを相手に伝わる表現で伝える。これが自然とできてたんですよねー。びっくりです。お互いにエネルギーが循環しているのもわかりましたし、相手も僕もすっきりになる。いい時間でした!

その後、CMO47オープンスクールに参加。ウェブ解析のスキル、ネットッショップ運用経験が活かせるスクールです。ここからいろんな仕事を引っ張りたい!

 

★日曜日:中小企業診断士の体験入学

TACの説明会&体験入学に参加しました。

実際に話を聞いたことで、受験の計画、勉強の仕方が明確になりました!本当に参加して良かった。来年の1発合格を目指してがんばります!

 

今後の土台となる繋がり、情報と出会えた一週間でした。

これらが基盤となるように、きちんとやっていこう!

 

みなさん、ありがとうございました!

宣言

おはようございます!

 

今日から4月ですね♪

2017年も四半期が過ぎました。

 

僕は今日から社会人3年目が始まります!

 

1年目の越境EC事業から、2年目はウェブ制作・解析へと舵を切り

多くのお客様と出会うことができました。

 

多くの出会いを通して、

今後はコンサルティングを軸にウェブ解析士をアイデンティティとしていくことを決めました。

 

ウェブ解析のスキルを高めるとともに、

中小企業診断士の資格を取得します。

受験時期は来年8月で一発合格を目指して今日から準備していきます!

 

小さい頃から勉強が好きだったので、受験を意識するだけでワクワクしてしまします\(^o^)/

広告を非表示にする

殻を破らせてくれる人

僕には本当にありがたいことに僕自身の殻を破らせてくれる人(女性なので彼女と表現します)がいます。

 

人にはいろんな殻があると思いますが、彼女が僕に突きつけてくれることは

「今の自分がオープンな状態かどうか(特に人に対して)」

 

イベントや会を主催する時、

僕はできるだけ自分自身が安心できる人を呼びたい、そういう人が来て欲しいという思いが特に強い。

 

そんな僕のことを知っている彼女は

いつも斜め上からの提案をしてくる。

「これぐらい乗り越えてきなさいよ」と言わんばかりに。

 

もちろん、僕もそんな狭い範囲で留まっていたいわけじゃないから、

GO!したいけどなかなか難しい。




オープンでいることによる一つを境地を目の当たりにする機会がありました。

それは、3月20日に行われた

「KiiTE」 西野亮廣 × 石川涼 スペシャトークライブ での出来事。

 

当日は雨が降っており、お客さんが雨のなかカッパを着たり、傘をさしながら聞くという状況だったのですが、

西野さんの機転によりみんなが屋根の下でゆっくり聞くことができるようになりました。

 

この過程での西野さんの「お客さんだからと言って座ってるだけじゃだめですよ。一緒に作らなきゃ。」という発言がありました。

またトークショーの中で、「アンチはかわいい」という発言も。

 

西野さんとお客さん、ファンとアンチの境に縛られない人なんだと感じました。

 

そんな西野さんを見て、「僕もそうありたい」と強く思えたので

自分の中のオープンでいることへの望みも確認できました。



そんな思いが高まっているタイミングで

斜め上からの提案をしてくれた彼女に感謝しながら、今までとは少し違う返事をしてみました♪

「与える」から「共有する」へ

最近、情報を共有することの楽しさを感じています(^o^)

友達や所属するグループに僕が好きな作品(動画や本)を共有したところ

他の場で友達に伝えてくれたり、

経営するお店のHPで紹介してくれたりと嬉しい化学反応が起きました♪

 

これってすごく嬉しいことですよね。

特に相手にとって有益そうと思って共有した情報が、ピシャッとはまったときの快感は最高です。

 

もちろん、常に何か情報を共有しなきゃと思ってるわけではないですが、

自分が感動したもの、素敵と思ったものを伝えることは自分自身の活性化にも繋がりますね(^o^)

一般的には人に「与える」ことが大事と表現されますが、個人的には人に「共有する」という表現の方がしっくりきます。

 

相手がその情報を受け取ってどう感じたのか、何を考えたのか、

この部分にその人が詰まっているからそこをきちんと共有したい。

 

もちろん、人に与える心は大切です。

だからこそ、情報を与えて終わりではなく、

受け取った後の思いも一緒に共有しあうコミュニケーションをとっていきたいと強く思います。



それと同時に、素敵な情報・作品は自然とどんどん広がっていくんだなーとも感じました\(^o^)/